たまごと油揚げの巾着煮

らでぃっしゅぼーやの平飼い卵と油揚げを使って巾着煮を作りました。平飼いとは地鶏を自由に歩き回れるようにする飼育方法で卵の質が良くなるといわれています。ストレスがない状態で産んだ卵はおいしいらしいです。

黄身と白身にはコクとうまみがたっぷりあるので生卵の方がおいしさを実感できますが今日は油揚げと合わせたかったので巾着煮にしました。

油揚げは国産丸大豆、海水にがり、消泡剤不使用で作った豆腐を圧搾一番搾り菜種油で揚げて作られています。3枚入り。半分に切ったら空洞ができてるので巾着煮にぴったりでした。

[材料] 6袋分
・卵・・・6個
・油揚げ・・・3枚
☆しょうゆ・・・大さじ2杯
☆砂糖・・・大さじ1.5杯
☆みりん・・・大さじ1杯
☆水・・・200cc
☆だしの素・・・小さじ1杯

[作り方]
①油抜きした油揚げを半分に切り、殻を割った卵を流し入れ、つまようじで油揚げの口をしめる。
(直接入れるのではなく、計量カップなどに一回入れてそこから流し込むとうまくいきます。)
②☆を入れた鍋に①を入れフタをして15煮れば完成。

最初に6個巾着を作ってから鍋に入れると倒れずに敷き詰められます。小さめの鍋の方がいいですね。あと、沸騰してから入れるとやけどするので火にかける前に入れるのがおすすめです。

甘いほうがいい場合は砂糖と醤油の味を同じにしてください。完成したら食べやすいようにつまようじをとり半分に切りました。あ、斜め切りしたらちょうどいいところで卵をきれなかったので、まっすぐ切った方がいいかもしれません。

どちらかというと冬っぽいメニューでしたが、油揚げと卵と言ったらこれしか思い浮かばなかったので迷わず作りました笑